メラニンの生成をおさえるアルブチンについて

シミやくすみが出来てしまうと、実際の年齢より年上に見られる原因となってしまいます。

シミやくすみが出来る最大の原因と言われているのが、紫外線による肌ダメージです。
紫外線を浴びるとそのダメージから肌を守ろうとし、メラニンが生成されます。
通常、作られたメラニンは肌のターンオーバーにより、古い角質と一緒に垢として排出されますが、紫外線を浴び続け過剰にメラニンが作られてしまうと、排出が間に合わなくなりシミやくすみが出来る原因となってしまうのです。

メラニンは紫外線を浴びた事で、メラノサイトという細胞が活性化し、チロシナーゼという酵素の働きが活発になる事で、出来ると言われています。

チロシナーゼ酵素の働きを、抑制する作用があるとして、美白化粧品などに含まれているのが、アルブチンという成分です。
この成分はチロシナーゼ酵素に直接働きかけ、メラニンの生成をおさえる作用があり、メラニンが原因のシミやくすみを予防する事が出来ます。

今あるシミやくすみを改善する事は難しいですが、この成分が配合されている美白化粧品は、これから出来るかもしれないシミやくすみを、作り難くする働きがある為、美白ケアに有効と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。