メラニン色素を薄くするビタミンcについて

美白効果のある化粧品成分として有名なビタミンcには肌の黒化の原因となるメラニン色素を薄くするという効果があります。
メラニン色素は誰の肌にも存在するものであり、本来は外部刺激から肌内部の細胞を守るために一定量が作られています。
しかし強い紫外線を浴びることが原因となって過剰に生成されてしまい、やがて日焼けやシミにつながってしまいます。
この成分にはメラニン色素の生成を抑制し、さらにすでに生成されたメラニン色素を無色化し、排出するという作用もあるためシミの予防と改善どちらの効果も期待できるというわけです。
効果の現れ方としては穏やかであり、肌の漂白剤とも呼ばれる強力な美白成分であるハイドロキノンのように即効性や強烈な効き目は期待できません。
しかし長期間に渡って毎日使用することである程度はシミや日焼けを予防、改善することができるとされています。
また肌への刺激も少ないため敏感肌の人でも気軽に使用することができるメリットもあり、また高い抗酸化力があるため炎症などの肌トラブルをケアすることもできます。
ニキビをできにくくする上、ニキビ跡の黒ずみに対しても改善効果がありますのでニキビ肌用の化粧品にも配合されていることがあります。

コメントは受け付けていません。