夏以外にもうっかり日焼けをしないために、気をつけたいこと

日焼けを出来るだけ避けるために、対策を行うのは何も夏だけのことではありません。
季節を問わず紫外線と言うのは、強さの差はあっても屋外で対策をしないままでいると日焼けをしてしまうのです。

返って真夏の間には、暑くて色々な工夫をする意識が高まるので、帽子や傘、衣服の工夫もしますし、UV対策を怠りなく行うのが習慣化しているものです。

それに対して、うっかり日焼けをしてしまうのが、春や秋の心地よい季節です。
心地よい日差しが降り注ぐので、ついつい、夏のように対策をする意識が薄れてしまうものです。
ちょっとした庭いじりや洗濯、買い物、お子さんとの散歩などでも、蓄積されていくと日焼けが徐々に増して行きます。

また、家の中でも窓際や車の中であっても、出来るだけ紫外線対策を行うようにしなければ、知らず知らずに日焼けが増長されていくことがあるのです。

真夏の屋外にいる時だけの対策では、知らぬ間に日焼けをしてしまうものです。
太陽を浴びるのは健康的なことで精神的にもプラスになることももちろんあるのですが、夏以外でも、降り注いでいる紫外線には有害な作用もあるので、露出している部位、顔、頭、髪など全てにもそれぞれに応じた対策を行って行きましょう。
思わぬ時にうっかりしていると日焼けは確実に起こるものです。

 

コメントは受け付けていません。