内側から美白したい、日焼けに効く食材

ビューティー12夏は紫外線が強く、UVケアをしっかりと行う必要があります。紫外線に浴びてしまうことでシミができてしまうだけでなく、肌内部のコラーゲンが壊されていくためシワの原因にもなります。紫外線を浴びてすぐにこのような老化が目に見えてわかるのではなく、蓄積されじわじわと肌の内側で老化が起こっているのです。紫外線は肌老化の主な原因を占めています。
紫外線に浴びないようにUVケアはとても大切ですが、うっかり日焼けをしてしまった時は早めに対策を行う必要があります。まずは熱を持っている部分を水などで冷やし、化粧水などでたっぷりと保湿をする必要があります。肌がダメージを受けているので保湿はとても大切なのです。
また、シミを作らないためにも食材で内側からケアをします。美白効果のあるビタミンCは、メラニン色素の生成を阻害してくれるだけでなく、抗酸化作用があるためターンオーバーを促進し、肌老化を防ぐ効果があります。多めに食べても体外に排出されるため、積極的に食べても大丈夫なのです。
シミなどに効果があるだけでなく、免疫力を高めるため風邪をひいたときにも積極的に摂取すると良いビタミンCは、紫外線に当たってしまった時だけでなく毎日食べて内側からケアをするのが理想です。

コメントは受け付けていません。